テレワークの求人で、英語を活かせる高収入の仕事ってどんな仕事?

テレワーク英語の高収入求人

最近はテレワークを導入する企業も多くなっています。
英語を活かすことで、テレワークで高収入な求人を見つけることができます。

テレワークは、会社に出勤せず自宅などから働くことのできるシステムです。テレワークは時間と場所にとらわれることなく働けるため、これまで家庭の都合や個人的な都合で働きに出ることができなかった方にとっても門戸が開かれています。テレワークを導入している企業で働くことで、求職者のライフスタイルにあった働き方を実現し、スムーズな社会復帰を果たすことも可能なのです。

高齢社会の昨今、社会にとって人材の逸失は多大なる損失であり、さまざまな形態で長く働いてくれる人材を求めている企業は数多くあると言えるでしょう。特に英語を使って仕事ができる、英語で日常会話が問題なくできるというスキルを持っている方は、社会で恒常的に求められている人材のひとつです。

この記事では、テレワークの求人で英語を活かすことで高収入を目指せる仕事や、英語と共に得意なことや自身のスキルも合わせることで高収入を目指せる仕事、英語を活かして働く上で大切な注意点をご紹介したいと思います。

テレワークで英語を直接活かせる仕事

英語1
ここでは、テレワークにおいて英語を直接活かせる仕事を3つご紹介したいと思います。

オンライン英会話講師

オンライン英会話講師は、英会話教室のように直接会って英語を教えるのではなく、ビデオチャットを活かしてweb上で英会話を教えていきます。オンライン英会話講師は日本ではテレワークの先駆け的な存在で、以前から行われているテレワークで働ける仕事の一つです。

オンライン英会話講師は、スカイプやライン等のビデオチャットが使えるアプリがあれば勤務可能なので、初心者でも比較的簡単に行うことのできるテレワークだと言えるでしょう。一方でオンライン英会話は、日本人と比べて人件費が安いフィリピン人やオーストラリア人の方々が能力を活かして働いていることが多いです。企業側としては人件費が安く抑えられるため、どうしてもフィリピン人やオーストラリア人などの人材を採用しがちです。

しかし、日本人講師の場合は英語だけでなく、日本語も話すことができることから、日本人の英会話講師は受講生から人気が高く、高収入で働くことができると言われています。子育て中、あるいは子育てを終えた主婦の方など以外にも、外国語学部といった英語が得意な大学生のアルバイトにもオススメです。

翻訳家

翻訳家は社内会議の議事録や企業等の報告書の翻訳、外国書籍の和訳など、案件が多くあります。翻訳家は英語だけでなく、日本語の知識も必要なため人材が少なく、市場価値が高い職業です。実際にフリーランスの方が案件を探すために使用するクラウドソーシングのサイトでも、翻訳家の仕事は案件が多く、比較的単価が高いことが多いです。

一方で報告書や議事録等、案件によっては専門用語も多くあり、日常的に使うことのない単語も少なくありません。そのため、分からないことがあれば疑問がなくなるまで用語を調べ、文書に誤りがない様に精度を高めていくことが必要になります。このように、翻訳家は高収入を得られる一方で知識やリサーチ力が必要な職業です。

リサーチや内容の誤りがないかのチェックなど、一人で集中して行う作業が必要になってくるため、翻訳家はテレワークと非常に相性の良い仕事のひとつといえるでしょう。職場の中で、他の人に邪魔されながら仕事をするよりも、一人で黙々とパソコンに向かって仕事を進める方が効率が良い場合もあります。さらに家のなかであれば気分転換も容易であり、メリハリもつけやすい状況です。テレワークの翻訳家は、今後ますます注目されていく可能性を秘めている働き方だといえるでしょう。

編集者

編集者は書籍、雑誌などに加えてWebメディアで発信するコンテンツの制作を行います。コンテンツ制作の際、記者が集めた情報などを編集者がまとめていきます。その際、日本語だけでなく英語も活かすことで幅広い記事に対応することができ、結果として評価されます。

また近年はWebメディアを中心に、日本語のサイトを海外に発信したいというクライアントも増えてきています。そのような場合にも、英語が堪能な編集者であればフレキシブルな対応が可能です。ただ日本語を英語に直すのではなく、海外の方に向けた日本のコンテンツという観点で企画を立案するようなことも求められるでしょう。

近年はオンライン会議などで、海外の取引先とも問題なくやり取りができる環境が整ってきています。企画立案やプレゼンなどの場面で、海外の取引先とオンラインで直接やり取りすることも、円滑に行うことが可能です。これまでは地理的なラグによってできなかった仕事が、現在ではまったく障害なく実現できるようになっているのです。

テレワークで英語を活かせれば高収入も可能な仕事

英語2
こちらでは英語を活かすことで高収入も可能になる仕事をご紹介します。
英語力の他に自分の強みや得意なことがある方にオススメであり、比較的高収入な仕事になります。

海外向けの営業事務

海外向けの営業事務では、外国の企業への営業や事務等を行います。外国の企業との取引や事務手続きなどを行う場合、連絡をメールや電話などを利用します。その際、英語を利用する機会が多いため、英語ができることで結果として評価されることにつながります。

このように海外向けの営業事務では、一般的な営業事務で必要なコミュニケーション能力に加えて、英語力を活かすことでより高収入を目指すことができるのです。

海外の取引先と直接やり取りできるような人材は、どのような職場でも引く手あまただと言えるでしょう。給料が高い、キャリアアップにつながるなど、より有利な条件で転職することも、難しいことではありません。

アプリ開発関係

アプリ開発は、iPhoneやAndroidといったスマートフォン向けのアプリケーションを主に作成する業務です。アプリ開発は、英語が話せなくても問題無いように感じるかもしれません。

しかし、アプリ開発にはプログラミング言語を利用するのですが、プログラミング言語は基本的に英語を利用して作られています。

これはどのプログラミング言語も共通することであり、日本人が開発したRubyというプログラミング言語でも英語が利用されています。そのため英語ができると、アプリ開発においてアプリの内容の理解や作成が比較的簡単にできるようになります。

各種コンサル

各種のコンサルティング業界も英語が話せれば強いです。現代はグローバル化が発展しており、コンサルティングを行う企業が海外展開や海外企業と取引をしていることも少なくありません。そのため、コンサルティングにおいても一定の英語力が求められます。

また、法律や経済、会計といった専門分野でのコンサルティングでも英語力が必要です。実際に会計の知識に加えて英語を活かし、グローバルでコンサルティングを行っている人では年収1000万円を超えている方もいます。

分野によっては、高度な英語力を求められるような仕事もあります。コンサルティングの仕事をするうえでも、英語ができることは大きなアドバンテージになることでしょう。

英語を活かせる求人で気をつけること

英語3
上記では英語を活かすことで活躍できる職業をご紹介しました。
英語を活かして働く仕事は、比較的高収入である一方で気をつけなければいけないこともあります。
下記では、テレワークで英語を活かしていく上で注意しておくべきことをご紹介します。

英語経験は素直に申告する

TOEICや英検などのように、どれくらい英語が出来るか判断できる場合は問題ないですが、特に資格等を持たない場合はありのままの英語力を伝えることが大切です。

もし嘘をついて仕事をした場合、企業側に迷惑をかけることになり、仕事内容のミスマッチにもつながります。逆に資格や英語を活かして活躍してきた実績がある場合は、前面に出してアピールしていきましょう。

顔の見えない状態で取引する場合は特に注意

実際に会って話をする場合であれば、仕事内容を視覚的に見ることができ、自分がどれくらい英語が出来るかを伝えることもできます。しかし会うことなく業務に携わると、思っていた仕事と違い、ギャップを感じてしまう可能性があります。そういったことがトラブルの原因にならないように、仕事については事前にしっかりと話し合いをしておくことが大切です。

特に語学に自信がない状態や、さらに顔の見えない状態でやり取りを行う場合は、些細なニュアンスの違いで大きな問題に発展する可能性もあります。語学力にそこまで自信がないという方は、自身の英語力に合った仕事を探すようにしましょう。

最初から一人でできる自信がない場合は?

テレワークの場合、多くの業態で基本的に一人で仕事を進めていくことがメインとなります。しかし英語力に自信がない方、経験が少ない方の場合には、最初は一人でできるか心配になるかと思います。特に英語を活かす場合だと、試験では高得点であっても実際の業務はどうなのだろうかと不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった悩みは一人で抱え込むことなく、テレワークであってもまずは上司などに相談をしてみましょう。伝えることで相談に乗ってもらえたり、フォローしてもらえます。また、事前に研修やテスト等を受けることで自信をつけることも非常に大切です。

まとめ

英語4
この記事では、テレワークで英語を活かせる高収入な仕事をご紹介しました。グローバル化が進んでいる現在、英語が出来ることでテレワークでも高収入な仕事を行うことができます。

また、英語を中心として働くだけでなく自身の強みを合わせることで、より一層高収入な仕事をすることもできます。英語を活かしたテレワークを行う際は、自分の英語力を過大に伝えず、ありのままを申告していくことが大切です。テレワークで英語を活かす場合は、今回ご紹介させていただいた仕事をぜひチェックしてみてください。