Web面接の最適な場所はどこ?知っておくべき条件や家以外の場所は?

ウィズコロナ時代、オンラインによる面接が増えてきており、そのままWeb面接が定着することが予想される昨今。どの場所にいても面接を受けられるメリットがありますが、接続している場所や周りの音が相手にも伝わってしまうデメリットがあります。そのデメリットをカバーするためにも、Web面接を実施する際は、接続する場所に気をつけなければなりません。では、どのような場所がWeb面接の場所としてふさわしいのでしょうか。

この記事では、Web面接に最適な場所や条件をはじめ、オンライン面接の事前準備などもご紹介いたします。

Web面接の事前準備とは?

Web面接では、対面面接と違い様々な配慮が必要になります。Web面接を行うには何を準備すれば良いのでしょうか。

ビデオ通話できる機材

PCやスマートフォンなどビデオ通話はできる機材を準備しておきます。Web面接ではお互い顔を見て話をするため、カメラつきか、なければ外付けのWebカメラを準備しておくようにしましょう。

アカウントを準備

SkypeやZOOMなど使用するWebツールは、先方から指定があるので、指定されたツールを事前にダウンロードし、アカウントを取得しておくようにしましょう。また、アカウント名や写真は、なるべく本名で就活用の証明写真を利用すると良いでしょう。プライベートな写真アカウント名は、人間性が出やすくなるためマイナス評価に繋がってしまう恐れがあります。既に、アカウントを取得している場合でも一時的に変更するようにするか。就活用のアカウントを取得するようにしましょう。

イヤホンやマイク

接続する環境によってはイヤホンやマイクを用意しましょう。PCやスマートフォンの音声では、聞き取りにくい場合があります。正確に聞き取るためイヤホンをするようにしましょう。また、PCやスマートフォン内臓のマイクでは音を拾い切れない恐れがあるため、なるべくマイクを使用します。

Web面接の最適な場所の条件

Web面接は、対面と違い映像越しで会話するスタイルになります。対面と違い、映像と音声に遅れが生じ、慣れていない場合はスムーズなコミュニケーションが取りづらく感じてしまうかもしれません。そのため、少しでも良い環境で接続する必要があります。Web面接に適切な場所の条件をご紹介いたします。

安定したインターネット環境

Web面接において、インターネット環境は非常に重要です。不安定なインターネット環境では、音声が途切れる、画像が乱れるなど、トラブルが起きてしまう恐れがあります。トラブルが生じることで、スムーズな会話が途絶え、本来伝えたいことも伝えられなくなる可能性もあります。なるべくインターネットが途切れる心配のないWi-Fi環境や有線LANケーブルがある環境で接続を行うようにしましょう。

周囲の雑音がない

Web面接では、周囲の雑音が少ない「静かな場所」で接続するようにしましょう。生活音や電子音、空調音など、自分が静かだと思っていても意外と相手には聞こえているもの。そのほか、大型車や飛行機、電車など周りの環境によって起こる音も拾ってしまう可能性があります。カーテンをしめるなど、できる限りの防音対策を行うこと、マイクの性能を確認し周りの雑音を拾いにくくするなどの処置が必要です。

背景の写りこみが目立たない

Webカメラの背景は、ポスターや装飾品が写り込まないように、なるべくシンプルな壁を背景にするようにしましょう。また、カフェや大学では、人の姿などが映り込みそうな環境では、相手も気が散ってしまいます。なるべくそういった環境での接続は避けるように心がけましょう。

明るい場所

相手に顔がはっきりわかるような明るい場所で接続するようにしましょう。外からの日光の影響で、部屋が明るいにも関わらず逆光で姿が見えにくくなったり、日差しが差し込みすぎて眩しかったりする可能性があります。なるべく、太陽の光を頼らず、蛍光灯の明るさで調整するようにしましょう。

自宅以外でWeb面接に最適な場所とは

Web面接の条件にあう適切な場所とは、どのような場所でしょうか。今回は自宅以外のおすすめスポットをご紹介します。

レンタルオフィス

自宅以外だと、レンタルオフィスやコワーキングスペースが条件に合う場所だと言えます。オフィスと同レベルの環境であるため、Wi-Fi環境も不安なく使えます。また、借りる場所によっては、個室が使えるところもあるため、Web面接には最適だと言えます。
しかし、多くの人が利用しているため、フリースペースであってもなるべくイヤフォンにマイク、壁側に座り背景に人が写り込まないように配慮するようにしましょう。

インターネットカフェ

普通のインターネットカフェでは、個室といっても仕切りをされているだけのスペースであるためWeb面接の場所として非常に不向きです。しかし、最近ではビジネス利用やWeb面接に対応したサービスがあり、快適にWeb接続できるだけでなく、パソコンやマイクの貸し出しなども行なっている店舗もあります。完全個室な設備のある場所を探して候補に入れておくのも良いでしょう。

カラオケ店

カラオケ店は、個室で防音設備がされていて向いているように感じますが店舗によります。重低音などを拾ってしまう可能性もあるため、店舗を選ばなくてはありません。Wi-Fi設備やコンセントも利用できるだけでなく、最近では、リモートワークの会社員向けのサービスを行なっている店舗も増えてきています。部屋の照明を明るくし、Web面接向けに環境を整えるようにしましょう。

会議室

会議室レンタルなどのサービスがあり、誰でも個室会議室が利用できます。ただし、研修や講義を目的としていることもあり、必ずしもWi-Fiなどのインターネット環境が充実しているわけではありません。会議室の規模や設備などをよく把握してからレンタルするようにしましょう。

ホテルのデイユース

ホテルでは宿泊をしないデイユースプランというものがあります。ホテルはコンセントやWi-Fi環境も整っている他、部屋もシンプルで、静かであるためWeb面接を行う環境としておすすめです。しかし、値段も比較的高額になることを覚えておきましょう。

ホテルのラウンジ

ホテルのラウンジを利用するのもおすすめです。もともと、ホテルのラウンジは商談などの頻繁にビジネス利用されているため、Web面接で利用しても問題ありません。しかし、あくまでもオープンスペースであるため、雑音などの配慮は必要になります。なるべく、人が写り込まないような場所を確保して行いましょう。

まとめ

Web面接は、対面の面接とは違い、生活感の出る環境での面接になります。なるべく、生活感を出さないように緊張感を持って臨むようにしましょう。Web面接に最適な環境として、個室が用意でき、静かで照明も調整できる自宅がベストではありますが、止むを得ず外出先から接続しなければならない状況もあるでしょう。その時は、Web面接の接続環境にあうスポットを見つけ、接続をするようにし、先方へどこから接続を行うのか一報を入れておくこと、先方も配慮してくれるでしょう。

Web面接は、対面と違い自分の姿も画面上に映し出されます。それは、普段では見ることのできない、面接時の自分の姿を客観的な目線で見ることができるということ。相手に良い印象を与えるには、どのようにしたら良いか調整がしやすいともいえます。相手にどのように映っているか事前にチェックするようにしましょう。