転職で年収アップする方法や交渉術、相場のまとめ

「年収をアップさせたいけど、とても今の仕事では難しい・・・」
「転職して年収を上げたいけど、具体的にどうすれば年収をアップできるかわからない・・・」

このように考えている方は、世の中に多くいらっしゃることでしょう。たしかに自分の知識やスキルに、年収が見合っていないと「くやしい!」と感じてしまいますよね。

では、どうしたら転職によって年収をアップさせることができるでしょうか?転職によって年収をアップさせるためには、「転職によって年収をアップさせる方法」「年収をアップさせる交渉術」「年収の相場」を知っておく必要があります。

転職による年収アップに成功した方は、年収をアップさせるための方法や交渉術などを正しく実行できたからこそ、年収アップを実現できたのです。反対に、間違った方法を実践してしまうと転職という貴重な機会を棒に振るってしまう恐れがあります。

実際に、世の中には転職によって年収をアップさせることに成功した人が多くいらっしゃいます。あなたが転職による年収アップを成功させるためにも、転職によって年収アップさせる方法や交渉術、転職による年収アップの相場について、この機会に学んでおきましょう。

転職によって年収をアップさせる方法

それでは、転職によって年収アップを実現させる方法について見ていきます。転職による年収アップを実現させるには、どういった方法が思い当たるでしょうか?

結論から言うと、「年収が高水準の業界に転職する」「あなたの実力を正しく評価してくれる実力評価型の企業への転職」「転職エージェントを活用する」といったことが、転職による年収アップに必要です。

これらの転職による年収アップを実現するための方法について、ひとつずつ見ていきましょう。

年収が高水準の業界に転職する

転職による年収をアップさせる方法として、「年収が高水準の業界に転職する」という方法から見てきましょう。この方法は年収を上げるために、とても効果的な方法だと言えます。

年収が上がりづらい業界では、あなたがどんなに頑張ったとしても年収アップはあまり見込めません。一方、年収が高い業界で働くことができれば年収アップが実現しやすくなります。

では、年収が高水準の業界にはどういったものがあるでしょうか?年収が高い業界には「教育や学習支援業」「金融業や保険業」「情報通信業」などがあります。これらの業界は平均年収のランキングで、いずれも上位となっています。

また、年収が高い業界は「人手不足が著しい」という特徴を持っている場合もあるのです。そのため、「給料を高くしてでも人材が欲しい!」ということになります。

人手不足ということは仕事の難易度が高かったり仕事自体に人気がないということが考えられるでしょう。しかし、慢性的な人手不足となっている業界は未経験でも転職できる可能性が高いため、転職の狙い目となるのではないでしょうか。

実力評価型の企業へ転職する

つぎに、「実力評価型の企業へ転職する」ということも、転職による年収アップ達成に効果的な方法です。あらかじめ決まった給料しかもらえないような企業では、あなたがどんなに素晴らしいスキルや知識をもち、それを活用したとしても年収アップさせることが難しいでしょう。また、年功序列の制度を取り入れている企業にも同じことが言えます。

一方、あなたの能力を正しく認識し、それに見合った給料を与えてくれるような企業に転職することができれば、年収アップできる可能性が高いです。あなたの実績にともなって支払われる給料が決まるため、あなたの努力次第で前企業よりも年収をアップさせることができます。そのため年収アップを目的として企業を選ぶ際は、企業方針にも注意する必要があると言えるでしょう。

転職エージェントを活用する

「転職エージェントを活用する」ということも、年収アップを達成することに効果的だと言えます。転職エージェントとは、転職したい人のさまざまな悩みを解決し、転職活動の手助けしてくれるという人材サービスです。

「転職エージェントを活用して、転職に成功した!」という方も多くいらっしゃいます。

ただ、転職エージェントを活用する上で気をつけるべきことは、転職エージェントにも得意分野や不得意分野があるということです。そのため、「年収をアップさせることが得意な転職エージェント」を選ぶことが要となります。年収アップさせることに長けている転職エージェントから協力を得ることが出来れば、転職による年収アップが実現しやすくなることでしょう。

自分に合った転職エージェントを見極めるためには、さまざまな転職エージェントに会うことが大切です。多くの転職エージェントに会い、転職エージェントの実力を判断できるようになりましょう。

年収アップするための交渉術

ここまで、転職による年収アップの方法について見てきました。転職による年収アップに必要な要素として、「交渉術」についてもご紹介します。交渉術は年収アップだけでなく、仕事や家庭での人間関係などさまざまな場面で活用できるテクニックです。

転職によって年収アップするには、どういった交渉術があるか早速見ていきましょう。

話し方に気をつける

人に与える印象として要素を多く占めるのが「話し方」です。耳に入ってくる声のトーンやテンポなどは、話している内容そのものよりも影響力があります。「見た目」「声の感じ」「話している内容」のうち「見た目」「声の感じ」が、人に与えるイメージを大きく左右しているというデータも実際に出ています。

そのため企業の方と年収に関して相談するときは、声のトーンやテンポなどの話し方に気をつけましょう。こちらは悪意がないのに、話し方に問題があると企業の方に悪印象を与えてしまう恐れがあるからです。

話す内容に関しても、適切な言葉を選んでいき企業の方と穏便な交渉をしていくことが大切です。

面接で年収について交渉しておく

企業に雇用される前に、あらかじめ面接で年収について交渉しておくことも効果的です。ただ面接官の方に、年収についていきなり話を切り出すことは避けましょう。「この人は年収で企業を選んでいるのか?」という印象を与えてしまうからです。その結果、採用自体も見送られるということになりかねません。

採用が2次面接まで続く場合は、1次面接で年収について交渉することは避け2次面接で年収について話を切り出すのが良いかと思われます。ただ中途採用は新卒採用とは違って、給与交渉を前提としている企業も多いため、面接官の方から年収について話を振ってくれることもあります。そのため、年収についての話が振られることを待つのもアリです。

そして年収について交渉するときは、「自分のスキルや知識など、自分の市場価値」「企業にどれほど貢献できるか」などを面接官の方にしっかりと伝えることが重要となります。即戦力としてあなたが活躍できるかどうかで、あなたが年収アップを実現できるか左右されるでしょう。

転職による年収アップの相場

ここまで転職によって年収をアップさせる方法と、交渉術について見てきました。それでは年収アップに成功された方々は、どれくらい年収をアップさせることが出来たのでしょうか?

前職と同じ業界の企業に就職したり、未経験業界の企業に就職して収入をアップさせたりと人によって年収増加額の幅は異なります。中には年収が50~200万までアップした人もいて本当に人それぞれですが、年収アップ平均相場は大体15〜20%アップが相場となっています。

転職したことによって年収がさらに下がってしまった人も中にはいらっしゃいますが、実績を積んでいき信頼されていけば年収を増加させることも可能です。そのため転職後に年収が下がってしまっても、落ち込む必要はないといえるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?転職後に年収アップさせることのイメージについて、掴むことが出来たのではないかと思います。転職後を活かし年収をアップさせる方法には、さまざまななものがあるとおわかりいただけたでしょうか。

現在の日本では、企業が定年まで雇用し続けるという従来の「終身雇用制度」が、弱まりつつあります。これは、成果主義の企業が増えたことや人材の流動によるものです。そのため、これからの時代は企業に依存せず、自分自身の能力を高めていくことが重要になってくるでしょう。

自分自身の力を常に高めていき、企業の面接では自分の能力を最大限にアピールし転職活動に挑みましょう。そして生活を豊かなものにするために、年収をアップする努力は続けていきたいものです。