30代の転職で、未経験の職種への転職は厳しい?おすすめの業界や職種とは?

30代での転職は、20代のように「ポテンシャル」で採用されることが難しくなってきます。企業が30代の働き手に求めることは、「即戦力」で活躍してくれること、会社の中核として働いてくれること、管理者としての経験があることです。

そのため、30代未経験での転職は厳しいとされています。しかし、30代でも未経験職種への転職を成功させた人はたくさんいるのです。どのようにすれば未経験職種への転職を成功させることができるのでしょうか。

この記事では、30代未経験の転職を成功させるため、転職活動のコツや30代未経験で転職するリスク、30代未経験でも転職しやすい業界や職種についてご紹介いたします。

30代未経験でも転職のチャンスはある!

30代での転職は、企業側が即戦力となるか人材を重要視するため、第二新卒のようにポテンシャル採用されるケースが少なくなります。また、30代前半と30代後半では求められることが大きく変わってきます。

30代前半では、前職での実績やスキルを重要視されますが、30代後半になるにつれ、チームマネジメントなどの管理能力が問われてきます。そのため、企業側もスキルや管理能力面をシビアにみて、選考を行うようになります。そのため、30代未経験での転職は厳しくなってくるのです。

しかし、30代未経験での転職にチャンスがないわけではありません。他の業界や職種での経験を積んだ人材を求めている企業も増えてきているからです。そこには職種の多様化が背景にあります。

グローバル化やIT化、多種多様な働き方の促進により、1つの職種も対しても、その職種に関する知識や経験だけでなく、他業界での視点や経験、スキルがプラスになり、そこからイノベーションが生まれることに期待する企業も増えています。数は少なくなりますが、30代でも未経験業界・職種へ転職するチャンスはあるのです。

30代未経験での転職するリスク

30代未経験で新しい業界や職種に転職する場合、リスクが出てきてしまいます。未経験での転職を成功させるためにはリスクを理解しておく必要があります。30代未経験での転職で生じるリスクをいくつかご紹介いたします。

収入ダウンが見込まれる

30代の転職においては、多くのケースでは収入アップが期待されますが、未経験での転職の場合、収入アップは難しいといえます。また、未経験で実務経験や実績がないことから非正規社員として採用されるケースもありえます。未経験業種を希望するなら、非正規雇用も視野に広く転職活動をするとよいでしょう。

新天地でゼロからのスタートとなる

30代の社会人は、これまでの社会人経験から会社の文化や業務にも慣れており基盤ができている人も多いです。そのため、未経験での業種に就いた場合、新しい知識を吸収しにくく、身につけるのに時間がかかりがちになります。また、これまでの実績などもない状態でのスタートになるため、ゼロからのスタートとなります。

転職活動が長期化する

30代で転職する場合、企業側も慎重に選考する傾向にあり、転職活動も長期化する可能性があります。未経験であれば、尚更、慎重に検討するでしょう。そのため、転職まで時間がかかることを念頭に転職活動をしましょう。

30代未経験の転職活動のコツ

30代で未経験業種へ転職を成功させるためには、いくつかポイントを抑えておく必要があります。30代で未経験業種へ転職するためのコツをご紹介します。

同職種、同業界の転職を視野に入れる

実績やスキルなどが重視される30代の転職では、未経験職種で転職する場合は同業界、同職種で転職する場合は未経験業界に転職するなど、今まで培ったスキルを活かせる転職をするのも1つの方法です。職種や業界などある程度経験があると、転職しやすくなります。

自分のスキルを客観視する

今まで培った自分のキャリアを振り返り、専門的な技術以外にどのようなスキルや能力があるのか客観的にみて整理しておきましょう。客観的な視点からみた自分の能力を知ることができれば転職活動で面接官にアピールできる材料ができます。未経験業種へ転職する際に、自分に何ができるのかアピールできるようにしておきましょう。

役立つ資格を取得する

30代の即戦力人材を求める企業は、候補者の「実務経験」をみて選考の材料とします。そのため30代で未経験業種へ転職するには、実績経験がないことを補わなければなりません。そのためには、資格を取得すると実務的なスキルがあるとみられ大きなアピールポイントとなります。

たくさんの手段で応募する

30代未経験での転職活動は長期化する傾向にありますが、なるべく効率的に転職活動を行うためにも、様々な手段を併用して転職活動を行うようにしましょう。例えば、転職エージェントと転職サイトを併用して転職活動、LinkdInなどを利用するなど、現在は転職活動の手段も様々。できるだけ間口を広げて活動するようにしましょう。

30代未経験で転職にオススメの業界

30歳未経験では、IT企業や建築業界など、若手の将来を見込んだ採用を積極的に行っている、即戦力を求め強化している業界には転職しにくいといえます。では、30歳未経験で転職しやすい業界はあるのでしょうか。おすすめ業界を一部ご紹介いたします。

物流業界

インターネット通販の隆盛によって、人手不足となっている業界です。ドライバーをはじめ、倉庫管理や通関業務など幅広い職種があり、30代未経験でも活躍できる可能性があります。グローバル化が進む中、IT技術の投入などで大きく成長している業界でもあるため、やりがいも感じられるでしょう。

不動産業界

未経験を積極的に採用しているのが不動産業界。未経験を採用しているだけでなく、資格を取得することで転職を有利にし、収入アップも期待できるのです。「宅地建物取引士」「マンション管理士」「賃貸不動産経営管理士」などの資格取得がオススメです。

農林水産業界

人手不足と、高齢化が進む農林水産業界。若者の雇入れを積極的に行っており、次世代の後継者へ技術を伝授し、教育していくことに力を入れています。知識を身につけ、将来独立することも可能です。農林水産業界でも販売に関する経験やスキルなどを要するため、コミュニケーション力が求められる場合もあります。ただし、地方への就職がほとんどであるため、転職で生活環境を変えたい人にはオススメです。

30代未経験で転職にオススメの職種

30代未経験でも歓迎する求人は複数存在します。30代未経験でも転職できる職種を一部ご紹介いたします。

事務職

事務職は、「事務職のみ」しかできない人よりも、他職種を経験した人の方が評価される傾向にあります。例えば、「システムが組める事務」「経理ができる事務」などです。最近では、職種も多様化しており、事務と他職種のスキルが必要になるケースもあります。残業も少なくライフワークバランスも取りやすいため、プライベートの時間が欲しい人にオススメの職種です。

営業職

営業職は、30代の社会人経験で身についたビジネスアナー、コミュニケーションスキル、協調力、業務遂行能力があれば即戦力として活躍できる職種です。そのため、未経験職種としてオススメです。同業界の営業職に転職することで、今までの知識を生かし、即戦力として活躍することも可能です。

販売職

販売職は、コミュニケーションスキルを重要視する職種で、基本的なビジネスマナーがあれば転職しやすい職種であるといえます。シフト勤務が多く、激務であるケースが多いため、人が定着せず人手不足である状態です。業種や会社によって待遇も違うため、企業研究は必ず行うようにしましょう。

エンジニア

30代未経験でも転職できるエンジニア職。技術の進化スピードが早く、若手のうちから経験を積むのが有利な職種でもありますが、常時人材不足であるため、転職がしやすい状況にあります。プログラミングスクールなどで技術や知識を身につけることができるため、スキルアップもしやすい職種といえるでしょう。さらに、実務経験を積むことで、キャリアアップも夢ではありません。

まとめ

30代未経験だからといって転職を諦める必要はありません。今まで自分が培ったスキルや実績などで、転職先でも役立てることは必ずあるはずです。もし、力不足を感じたら資格を取るなどして経験をカバーするようにしましょう。

未経験歓迎の求人も複数出ているため、情報を集め、自分が持っているスキルで活躍できる場を見つけてみてください。