美容皮膚科に転職する前に知っておくべき主な6つの仕事内容とは?

美容皮膚科に転職する前に知っておくべきアイキャッチ

美容皮膚科という医療分野は最近では「美容医療」とも呼ばれます。美容皮膚科クリニックは従来の病院とは違った、エステやリラクゼーションサロンのような雰囲気で、女性だけでなく男性も含めて通う人たちが多いようです。

時代のニーズに乗った美容皮膚科はそこで働く看護師さん(准看護師、正規・パートを含む)の給料も一般の病院よりも高いといわれています。そのため、美容皮膚科への転職を検討している看護師さんも多いようです。

今回はそういう看護師さんに参考にしていただくために、美容皮膚科に転職する前に知っておいたほうがよい仕事内容や美容外科との違い、なぜ給料が高いのかなどをわかりやすく解説していきます。

そもそも美容皮膚科とは

そもそも美容皮膚科とは

さて、そもそも美容皮膚科とはいかなる分野なのでしょうか。また美容外科との違いは何でしょう。ここでは美容皮膚科の内容や美容皮膚科における看護師さんと患者さんの関係、そして美容外科との違いについて触れておきましょう。

美容皮膚科が普及した背景

「看護師」という職業の従来のイメージからすれば、病院の中で白衣を身につけて、病と闘う患者さんのお世話をするといった感じを想像する人は多いのではないでしょうか。

もちろん、現在でもそのイメージ通りの看護師さんはたくさんいます。しかし時代の変化や価値観の変遷とともに、看護師さんが力を発揮できる場は一般的な病院だけではなくなってきています。

まず、筆頭に挙げられるのが美容業界だといえるでしょう。以前では「美容皮膚科」というものはあまり一般的ではなく、施設の数も少なかったものです。

美容皮膚科は病気にかかったから受診するものではなく「美容」のための受診なので、医療保険がきかない診療がほとんどです。そのため、診察代もどうしても高額になることが多いのは事実です。

そんな背景がある美容皮膚科なので、患者さんが入れ替わり立ち替わり訪れるという状態にはならなかったのです。

しかし一般人の「美」の価値観や「美容」に対する意識が向上してきたことに伴って、誰でもが気軽に受けることができる医療美容はメジャーなものになってきました。女性だけではなく男性の意識も含めて、そういう流れが生まれています。

医療美容分野のニーズが拡大してきて、美容皮膚科の医療機関数もかなり増えてきました。そして欠かせないスタッフである看護師という人材のニーズも高まってきたのです。

美容皮膚科の内容

一般の皮膚科は身体に発症した湿疹やアザ、あるいはイボなどの皮膚の疾患の治療を目的としています。一方、美容皮膚科は肌を美しくすることを目的としています。

そのために外用薬や内服薬、あるいはサプリメントの処方もすれば、注射やレーザー治療など、最先のテクノロジーを反映した技術や機器で肌を美しくするためのサポートをします。

肌にメスを入れるのではなく、美白や脱毛、またはアンチエイジングなどの表面的な施術がメインとなります。最近の美容皮膚科クリニックの室内の作りや雰囲気は病院のイメージからは遠くて、ゆったりとくつろぎつつ施術を受けることができるようになっています。

シワやシミの除去や、肌のたるみの改善などの、肌に関するもろもろのコンプレックスや悩みの解消のため、あるいはより美しくするために患者さんが足を運ぶのです。

美容皮膚科看護師と患者との密接な関係

美容皮膚科の看護師さんのとても重要な仕事として、注射が欠かせません。ボトックス注射やコラーゲンの注入などの、患者さんの体および顔に注射する施術が多いのです。美容皮膚科の患者さんは、とりわけの美への意識が高いものです。つまり、ほんの少しのミスも許容されないのです。

また、美容皮膚科では個々の患者さんの異なる肌の状態にそれぞれ見合うように、カウンセリングに始まり施術、そしてアフターケアまでをきちんと治療計画やスケジュールを立てて行います。使用する機器を患者さんごとに使い分ける方針の施設もあるようです。

患者さんがクリニックに通う期間はある程度長くなりがちです。看護師さんはその間、密接に患者さんと接することになります。これは通常の看護師さんの仕事と違って美容皮膚科ならではのことです。

美容外科との違い

美容外科と美容皮膚科は似ているようで大きく違います。目的が「美」の追求であるのは同じですが、「肌」にフォーカスした美容皮膚科に対して、美容外科は容姿そのものを美しく整える「美容整形」の手術を行います。

有名な手術としては二重まぶたなどの眼瞼の手術や、鼻梁を高くする隆鼻術と呼ばれるものがあります。

また、フェイスリフトと呼ばれる顔のたるみをとる手術や、脂肪吸引と呼ばれる腹部や臀部の余っている脂肪を吸い取る施術、レーザーであざやタトゥーを除去する手術、乳房の整形をする手術などさまざまです。

美容外科ではほかにも「プチ整形」と呼ばれるコラーゲン、ヒアルロン酸などの注入も行われています。そして看護師さんの仕事は、手術介助がメインになります。

頻繁に行われる手術がスムーズに進行できるように段取りを覚え、イレギュラーな事態が起こっても冷静に対応できる瞬時の判断力が求められます。よって、採用に有利になるのは、外科手術を通して臨床経験を積んでいる看護師さんであるといわれています。

美容皮膚科看護師のメインとなる6つの仕事

美容皮膚科看護師のメインとなる6つの仕事

ここからは美容皮膚科の看護師さんの仕事についてご紹介します。これにはメインの仕事とされる6つの仕事と、メインではないけれども重要な開院前の3つの仕事と閉院後の3つの仕事の合計6つのサブの仕事があります。

まずはメインの6つの仕事から見ていきましょう。

カウンセリング

美容皮膚科の診療はまずカウンセリングを行うことがスタートです。クリニックによっては看護師さんではなく、カウンセラーを配置している場合もあります。看護師さんがカウンセリングを行うクリニックも多いようです。

カウンセリングにおいて、患者さんにどういった施術を望んでいるのかを尋ね、それに対して実際にかかる診療費や注意点などを説明する作業です。

ひととおりの説明を終えたら、患者さんが心配に思うことや困ることがないかを聞き出します。不安な要素を取り払って、安心して診療を受けてもらえるようにするためです。

診療補助

カウンセリングの次はドクターの診察に移行します。カウンセリングの内容はカルテを見れば掌握できますが、ドクターがあらためて診療の内容を説明します。

看護師さんは同席して、患者さんが医師の説明で理解できなかったことがないかを確認する必要があります。万一患者さんの理解が浅そうだとか誤解してそうだと感じたら、トラブルを避けるために、補足の説明を促す役目があります。

施術

脱毛や注射であれば、あくまでドクターの指示のもとで看護師や准看護師が行えるようになっています。よって、脱毛や注射の施術は多くの場合、看護師(准看護師)が行います。

ちなみに、正規の職員でなくパートであっても、看護師あるいは准看護師の資格がある人であれば問題ありません。

手術の介助

メスを使用して皮膚の切開を伴うような「手術」の範疇に入る施術であれば、看護師が行うことはできません。これらはドクター自らが施術します。

この施術はほとんどの場合において、患者さんが手術室のベッドに仰向けになった状態で行われます。看護師さんの役割は手術の介助です。

処置の内容によっては麻酔薬を使用するケースもあります。それによる副作用がないか、血圧や脈拍の変動がないかは看護師がチェックして、医師に伝えながら施術は進められていきます。

アフターケア

美容皮膚科の診療においては、患者さんの皮膚に何らかの手を加えるケースが多くあります。その場合、処置を施した当日は特にトラブルが出ていない患者さんでも、ダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)やその後にトラブルが出てくる可能性があります。

そのようなときに重症化しないよう、まず看護師さんが患者さんの状況の把握を行います。看護師さんで対応できる場合は問題ないですが、ドクターの診察が必要である判断されたときにはドクターに処置を引き継ぐのが大切な役割です。

施設の清掃

大規模な病院は清掃業者を雇って、施設の清掃や整備を行なっていることが多いですが、美容皮膚科のクリニックの大半は小規模なので、業者を雇っていないことがほとんどです。

つまり、施設内の清掃や整備なども看護師の大事な仕事になります。クリニックの清潔感の有無は集客に影響するといえるでしょう。

美容皮膚科の開院前と閉院後の6つの仕事

美容皮膚科の開院前と閉院後の6つの仕事

美容皮膚科の看護師さんのメインとなる6つの仕事を紹介しましたが、次はメインに対してサブの仕事ではあるけれど、大切な開院前と閉院後の合計6つの仕事についてご紹介します。

開院前の3つの仕事

クリニックを開院する前、1日の仕事が本格的に始まる前から、もう看護師さんの仕事は始まります。3つの仕事を順番に見ていきましょう。

清掃

清潔な心地よい状態のクリニックに患者さんを迎え入れるために、美容皮膚科の1日は清掃から幕開けします。

診察室や手術室はもちろんのこと、待合室、トイレなどすべてにおいて衛生面に気をつけなければいけないので、ひと通り看護師さんがチェックを入れます。

大きい病院で看護師さんがこのような業務を担当することはあまりないので、美容皮膚科ならではの業務といえるかもしれません。

カルテ確認

美容皮膚科クリニックはほとんどの施設が完全予約制をとっているので、その日どのような人が受診し、どういう内容の治療を受けるのか予想が立ちます。

そのため、あらかじめ情報を確認して現場のスタッフ間でそれらを共有することで、スムーズに治療が進行するようにします。

備品・物品準備

基本的に備品や物品は使用した日に補充されているものですが、滅菌処理が間に合っていないケースや、破損などで足りないといったイレギュラーな場合があります。

そういう事態を避けるために、使用前にはもう一度確認を行います。その日の診療に支障をきたさないように、前準備を行って補充すべきものは補充をしておきます。

開院後の3つの仕事

次に1日の診療が無事に終わって、閉院した後にも看護師さんの仕事はあります。

カルテ記入

その日に行われたカウンセリングや治療の内容を、必ずカルテに記入します。その場で記入できる場合はカウンセリング中および施術中(介助の場合)に行いますが、人員や時間の都合で記入する余裕がなかった場合は、クリニックが閉まってから行います。

清掃

閉院後にも、必ず掃除をします。訪れた患者さんの数が多いクリニックほど、血液汚染などのおそれもあるので、念には念を入れて清掃をします。

備品・物品補充

その日に使用した備品や物品をくまなく補充し、そこでやっと美容皮膚科クリニックの1日の終了となります。

手術に使用される滅菌物は、施設に滅菌するための器具がある場合は看護師さんが行います。器具がなく、院外で行わなければならない場合は、業者に回収してもらって、引換えで新しいものと交換するシステムが一般的です。

美容皮膚科看護師の給料が高い理由とは

美容皮膚科看護師の給料が高い理由とは

美容クリニックでは、ほとんどの施術が自由診療で行われます。自由診療とは、公的医療保険(健康保険・国民健康保険・後期高齢者保健)が適用されない診療です。

保険が適用される診療は、それぞれの疾病に対して施す処置の内容が決まっています。よって、どの病院でも同じ費用で同じ診療を受けることができます。

一方、自由診療においてはクリニックと診療を受ける患者さんとの間で、自由に個別契約を結びます。その契約にもとづいて診療・施術が行われるのです。

自由診療では診療内容や金額に関して、クリニック側が自由に決めることができます。なおかつ、患者さんからの要望があるかぎりにおいて、診療の提供を継続できるのです。

これがクリニックの事業としての収益の根幹であり、一般の医療機関よりも集積が上げやすい理由です。美容皮膚科に勤める看護師さんの給料が、平均的に高いといわれる背景でもあります。

また、美容皮膚科の看護師さんの給料が高い他の理由として、これも一般の病院ではない「ノルマ達成」や「インセンティブ(報奨金制度)」なども反映されます。

つまり美容皮膚科は医療機関ではあっても、雰囲気も収益構造もサービス業のビジネスに近く、患者さんはお客さんに近いともいえるでしょう。

以上のような背景があって、美容皮膚科への転職を希望する看護師さんが多いのです。ちなみに、看護師の経験がまだ浅い段階で転職を考えているかたは、以下の記事を参考にしてください。

美容系医療機関に特化した転職サイト2選

美容系医療機関に特化した転職サイト2選

美容皮膚科クリニックへの転職を考えている看護師さんには、看護師転職サイトの中でも美容医療機関に特化したサイトがおすすめです。

そこで、私たち「転職ドリームマッチ」が800人を超える看護師さんに行った独自のアンケート結果から選んだ、美容皮膚科探しに向いている転職サイト人気ランキングの第1位と第2位をここでご紹介しておきましょう。

「美容外科求人ガイド」

「美容皮膚科探しの転職サイト人気ランキング」で1位に輝いた「美容外科求人ガイド」は美容クリニックに関しての高い専門性はもちろんですが、ユーザーの転職活動のサポートが充実しており、求人案件の質の良さなどからおすすめできます。

美容皮膚科を希望している看護師さんには、ぴったりの転職サイトです。基本情報は以下の通りとなります。

運営会社株式会社エイムプレイス
対象地域全国(ただし求人は首都圏・大阪・名古屋に集中)
オフィス東京
公開求人数約550(ただし非公開求人が多数ある)
公式ページhttps://www.biyou-nurse.jp/

「美容外科求人ガイド」は、美容系医療期間の転職に特化しているため、この分野の選考に対応するサポートが非常に手厚く、充実しているという高評価の声が圧倒的です。

美容クリニック自体が人気が高い職場で、倍率もかなり高くなります。そんな中で、ユーザーが美容クリニックに採用されるためのサポートに尽力してくれる「美容外科求人ガイド」を信頼する看護師さんは多いのです。

「美容整形ジョブ!」

「美容皮膚科探しの転職サイト人気ランキング」の第2位、「美容整形ジョブ!」はスタッフのみなさんが美容クリニック業界に精通していて信頼できます。

美容系の看護師転職サイトの中では求人案件数も多く、美容系に絞っているユーザには打ってつけの転職サイトだといえるでしょう。転職セミナー開催にも意欲的なので、気になるかたは登録をしてみましょう。

「美容整形ジョブ!」の基本情報は以下の通りです。

運営会社株式会社エスエス・ファシリティーズ
対象地域全国
オフィス全国2箇所(東京・大阪)
公開求人数約0.2万
公式ページhttps://www.biyo-job.com/

会社自体が美容クリニックの経営者の多くと密接な関係を築いているので、新規開業案件を含めて多くの求人案件を集められる力があるのです。

美容系の人材紹介に長く携わってきており、美容クリニック側からも「美容整形ジョブ」を人材の採用に活用していることもあり、実に8割以上の高い採用率を誇っているのです。

大手から個人クリニックまで、幅広く求人を扱っており、「美容整形ジョブ」限定の非公開求人も魅力です。公開求人と合わせれば、希望に合う求人を見つけやすくなります。

キャリアアドバイザーは全員女性であり、美容業界に精通しているのが、ユーザーの相談に真摯に向き合ってくれる大きい理由なのです。

なお、転職活動の際にはここでご紹介した美容系転職サイトをぜひ利用していただくとともに、できればそれ以外の看護師転職サイトにも登録し、複数の情報源とサポート体制で臨むと、さらに転職成功の可能性が高まるでしょう。

看護師転職サイトを選ぶには、以下の記事もぜひ参考にしてください。

まとめ

美容皮膚科に転職する前に知っておくべきまとめ

美容皮膚科クリニックの主な仕事内容や美容外科との違い、給料が高い理由などをご紹介しました。雰囲気も給料も一般病院とは違う美容皮膚科に、転職先としての魅力を感じる看護師さんは今後も増えることでしょう。ここでご紹介した情報を参考にして、美容皮膚科クリニックへの転職活動に成功してください。