IT業界は未経験からでも転職できる!意外と知らないIT業界の実態と5つの転職方法

「IT業界へ転職したいかも」と、漠然と思っている方は多いのではないでしょうか?ITとは、コンピュータやインターネットにおいての情報技術のことを指します。IT業界とは、IT技術を活用して事業を展開している業界のことです。

IT業界には「将来性が高そう」「なんとなく知的」「働きやすそう」というイメージを持たれている方もいらっしゃることでしょう。チャンスがあるなら、魅力的なIT業界に勤めてみたいものですよね。

「IT業界は未経験からでも転職できるのだろうか?」
「IT業界に転職するためにはどういったことが必要なのだろうか?」

このように思われている方も、きっと多いのではないでしょうか?ここでは、未経験からのIT業界への転職を検討されている方やIT業界に興味を持たれている方に向けて、IT業界の実態や未経験からのIT業界への転職方法について、素早く理解できるようにご紹介していきます。

IT業界の知識や転職方法を理解しておくことで、あなたの転職活動が成功することにつながるでしょう。

未経験からでもIT業界に転職できる理由!IT業界の特徴2つ

結論から言うと、未経験からのIT業界への転職は可能です。IT業界には、未経験者を受け入れることができる特徴があります。

ここからは、未経験からでも転職することができるIT業界の特徴2つについて見ていきましょう。IT業界の特徴としては、「人手不足」「努力を継続できる人を重視している」という特徴があります。

IT業界は人手が不足している

IT業界は「人手が不足している」という状況だと言えます。そのため、未経験者でも受け入れている企業が多いのです。

IT業界が人手不足になっている理由としては、「IT業界の急速な成長」によるものだと考えられます。近年ではインターネットの普及により、IT業界の拡大が著しいです。IT業界の拡大に、人手が追いついていないのです。

インターネットを活用したサービスも増えており、IT技術はなくてはならないものになってきました。そのため、IT技術者を求めている企業が増え、IT技術者の人手不足となっているようです。

努力を継続できる人を重視しているから

IT業界は「努力を継続できる人」を重視している傾向があると言えます。IT業界では、新しい知識やスキルを積極的に取り入れていく人材を必要としているからです。

そのため、未経験だろうと努力を継続することができるような適性があれば、IT業界への転職は可能でしょう。たとえあなたが文系だとしても、未経験からのIT業界への転職は可能なのです。それに、IT業界は文系の知識が活かせる仕事もあるので、心配はありません。

日々、目まぐるしく変化し続けているIT業界では、自分自身も常に成長していく必要があるのです。

IT業界に未経験から転職するための5つの方法

IT業界の特徴について、理解していただけたかと思います。IT業界では、あらゆる状況でも柔軟に対応できる人が求められているのです。さらに、新しい情報にも常にアンテナを張っている必要もあります。

そんなIT業界に未経験から転職するためには、どういった方法があるでしょうか?まず、IT業界には「エンジニア」「Webデザイナー」「営業職」「マーケティング職」「マネジメント職」などの職種が挙げられます。

これらのIT業界の職業に転職するための方法5つについて見ていきましょう。

未経験からエンジニアへの転職方法

IT業界と言えば、「エンジニア職」が最もイメージとして浮かびやすいのではないでしょうか。エンジニアとは、プログラミング言語(コンピュータが理解できる言語)を活用して、システムの開発などをしていく職業のことです。

自分自身のスキルアップが求められるIT業界において、特にエンジニアは専門技術が多く、継続的な努力が必要となってきます。エンジニアは生涯勉強だとも言われているのです。

未経験からエンジニアになるためには、プログラミング言語を学ぶことが重要でしょう。プログラミング言語にはさまざまな種類があり、プログラミング言語によって得意分野があります。そのため、用途に合わせたプログラミング言語を勉強していくことが大切です。

また、未経験でも採用しているIT企業もあります。企業を選ぶ際に気をつけたいことは、「開発業務に携われるかどうか」です。開発業務に携われないと、スキルアップや開発のキャリアを積んでいくことは難しいでしょう。

未経験からWebデザイナーへの転職方法

Webデザイナーとは、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインをしていく職業のことです。Webデザイナーになるために必要な資格は特になく、未経験からでも目指すことができます。

しかし、デザインをするソフトウェアを使えるということや、実務経験が求められることもあるでしょう。そのため、Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)などの、デザインするためのソフトウェアを使えるようにしておくと良いです。

Webデザイナーは未経験からでも募集している企業があるので、まずは求人を探してみましょう。

未経験からIT業界の営業職への転職方法

前職がIT業界でなくても、IT業界の営業として転職することは可能です。IT業界の営業職は情報システムに関する専門的な知識を持っていなければなりません。そのため、IT技術に関する知識があれば、未経験からでも転職しやすいと言えるでしょう。

上述したとおり、IT技術関連の知識は幅広く常に勉強していく必要があります。幅広いIT技術の知識を活用しながら営業をすることになるため、営業職として高度なスキルが身につくことでしょう。

IT技術に関する知識が深まるほどに、ヒアリング力や交渉力などの営業のスキルが向上していきます。

未経験からIT業界のマーケティング職への転職方法

IT業界の職種として、「マーケティング(Webマーケティング)」というものも挙げられます。マーケティング職とは、新しいサービスを企画したり、企画するための市場調査や営業戦略などをしていき、クライアントやユーザーのニーズを満たしていく職業のことです。

Webマーケティングには、リサーチ力(情報収集や分析スキル)が重要になってきます。世の中の流行やニーズなどを、正しく見極められるようにならなければなりません。

また、Webマーティングの業務は、クライアントとのコミュニケーションをとる機会が多いです。そのため、基本的なビジネスマナーやコミュニケーション能力も必要となってくるでしょう。

未経験からWebマーケティング職に就くことは、比較的には簡単です。IT業界未経験でも、今までのキャリアや資格などで採用されやすくなります。未経験可の求人も多いため、さまざまな企業の求人を探してみましょう。

未経験からIT業界のマネジメント職への転職方法

マネジメント職とは、プロジェクトの進捗管理や従業員の育成など、企業を管理・経営をしていく職業です。管理職とも呼ばれることがあるでしょう。

エンジニアとして経験を積んでいくと、プロジェクトの効率的な進め方など、マネジメント能力が備わってきます。そのためエンジニアでもあり、管理者でもある技術者もいるのです。

IT業界未経験からマネジメント職に就くためには、もちろん「管理職スキル」が必要となってきます。折衝能力や指導力、管理能力などの高度なスキルを持っていれば、全企業がIT業界に関係なくても採用される可能性は十分にあると言えるでしょう。

まとめ

現在進行中で拡大しているIT業界は、未経験からでも十分にチャレンジ可能だということがお分かりいただけたと思います。IT業界は将来性が高いため、転職する業界としてはオススメだと言えるでしょう。

現在勤めている企業がIT業界とは関係なくても、今までのキャリアを活かしてIT業界に転職できる可能性はあります。まずは自分自身のキャリアを見つめ直し、IT業界に役立つスキルがないかどうか整理してみましょう。