「とりあえず3年」はもう時代遅れ!自分に合った転職を成功させるコツ

「入社した企業にはとりあえず3年は勤めるように!」という従来の風潮は、現代ではなくなってきたと言えるでしょう。厚生労働省の新規学卒就職者の離職状況によると、新卒で入社後、3年以内に退職する人は全体で3割以上もいるということが明らかになったのです。

「新卒で入社したけど企業が合っていない・・・でも3年は続けた方がいいだろう」というに思われている方は多くいらっしゃると思います。しかし、とりあえず3年という時代はもう過ぎ去っているのです。とりあえず3年という意識自体、もう時代遅れだと言えるでしょう。

とりあえず3年には、明確な根拠が無いのです。考えてみてください。とりあえず3年働いたからといって、全ての人が同じスピードで成長できるでしょうか?人それぞれ、成長スピードが違うのです。3年にこだわらなくても、早い人は1年しっかり勤めれば十分な働きをすることができます。しかも3年という期間は意外と長く、だらだらと過ごしてしまいがちだとも言えます。そのため、3年という区切りの良いだけの数字に惑わされる必要はありません。

そのため、自分に合った転職活動をしていけば良いのです。ここでは、自分に合った転職活動をするためのポイントについて見ていきます。

とりあえず3年はもう古い!とりあえず3年の3つのデメリット

「とりあえず3年」は、もう古い風潮だということがお分かりいただけたと思います。また、とりあえず3年という働き方には、さまざまなデメリットが挙げられます。どういったデメリットがあるか想像できるでしょうか?

転職活動をする前に、とりあえず3年という働き方のデメリットについて理解しておきましょう。とりあえず3年には、3つのデメリットが挙げられます。

だらだらと3年間の時間を浪費してしまう

とりあえず3年という働き方には、「だらだらと3年間の時間を浪費してしまう」というデメリットがあります。入社してから間もなく「いつか転職しよう」と思い立つこともあるでしょう。しかし、「とりあえず3年は続けたほうがいいか・・・?」と考えてしまうことで、3年間という長い期間をだらだらと過ごしてしまう恐れがあります。

転職後は今の企業とは違う業界や職種を目指そうとしている場合は、時間を浪費してしまう可能性が特に高いです。転職後も同じ職種や業界で続けていく場合はともかく、今の職業とは関係のない転職を考えているのなら、3年という期間にこだわる必要はありません。

とりあえず3年間同じ企業に勤めるということよりも、3年間何をしてきたかということの方が非常に大切なのです。

3年目で決断ができなかったら、第二新卒を逃してしまう恐れがある

第二新卒とは、新卒から入社してから1~3年という短い期間で離職し、転職活動をする人のことを指します。第二新卒を逃してしまうということは、どうしてデメリットとなるのでしょうか?

なぜかというと第二新卒には、新卒とほとんど変わらないというメリットがあるからです。新卒とほとんど変わらないということは、「未経験の業種にもチャレンジができる」「入社後に研修や教育をしっかりと受けられる」などの恩恵を得ることができます。

しかも、第二新卒は新卒にはない「社会経験年数」があります。社会経験年数があるため、社会人としての最低限のマナーなどが備わっていると判断してもらいやすいのです。採用で第二新卒と新卒が天秤にかけられたとき、どちらかというと第二新卒の方が選ばれやすいケースもあります。

とりあえず3年を徹底してきたものの、いざ転職!というときに迷ってしまうこともあるでしょう。3年という今までの長い生活が一変するわけですから、踏みとどまるのも無理はありませんよね。結局決断できず、第二新卒を逃してしまうということも十分ありえるでしょう。

心身に不調をきたしてしまう

勤めている企業がブラック企業の場合、とりあえず3年働くということは危険です。ブラック企業だと分かった場合は、できればすぐに退職しましょう。

ブラック企業で働き続けることによって体を壊したり心を病んでしまっては、元も子もないないからです。3年後にあなたが転職できる状況でなかったら、意味がありません。

働く上で一番大切なものは、健康な体や心です。体は資本だとよく言われますよね。心身に不調をきたしてしまうような企業では、とりあえず3年という働き方は要注意だということです。

自分に合った転職を成功させる4つのコツ

とりあえず3年という働き方は、デメリットがあるということがよくお分かりいただけたと思います。人生におけるビジネスの時間は、とても貴重な時間です。ビジネスに携わる時間を無駄にしてしまってはいけません。

ビジネスにおいては、常に自分自身を高めていくことが大切なのです。自分自身を成長させることができるような企業に転職を成功させるには、どうすればいいのでしょうか?そのためには、自分に合った転職をしていく必要があります。

自分の個性や得意なことなどをよく分析し、自分に合った企業や職種に選んだ方が人生においての幸福度が高いからです。自分に合った転職を成功させる4つのコツとして、「自己分析を行う」「転職の理由を明確にすること」「在職中に転職活動を行うこと」ということが挙げられます。

自己分析を行う

自分に合った転職のコツとして、ひとつ目は「自己分析」自己分析とは言葉のとおり、自分について掘り下げていくことです。

今までのキャリアから、自分自身に向いていることが見えてきていると思います。例えば「コミュニケーションは好きか嫌いか」「接客は得意か苦手か」「内向型か外向型」などです。こういった自分の個性や適性などについて、徹底的に分析していきましょう。

また、「自分が本当にやりたいこと」「なりたい自分」なども分析してみることも大切です。自分自身の意思が固まったり、自分の意外性などに気づく機会となるでしょう。

転職の理由を明確にすること

「やりたい仕事がある」
「労働条件を変えたい」
「収入を増やしたい」
「人間関係が嫌だ」
「休日が少ない」

このように、転職活動をする理由を明確にすることが大切です。これらの悩みや要求を叶えてくれる企業に転職しましょう。

ただ、企業に求めることが多い場合は全てを満たすことは難しいです。そのため、企業に求めることに優先順位をつけましょう。

「これだけは外せない!」ということだけは妥協せずに、転職活動をしていくことが成功するためのカギとなります。

在職中に転職活動を行うこと

上述したとおり、転職活動において「企業選びで妥協する」ということは絶対に避けなくてはなりません。企業に雇用されるということは終わりではなく、始まりだからです。

こういった企業選びにおける妥協を避けるためには、「在職中に転職活動を行う」ということが効果的だと言えるでしょう。なぜかというと、退職後は金銭面的に余裕がない場合が多く、転職活動に焦りが出てしまうからです。

特に、3年以内退職は退職金が出ないというリスクがあるため、生活費に追われることになるでしょう。

「生活費に余裕がない・・・仕方ないからこの企業に就職しよう」というように、焦りから転職活動に妥協が出てしまいます。

そのため、金銭面的に余裕のある在職中に転職活動をすることが、転職活動を成功させるためには非常に重要なポイントだと言えるのです。

まとめ

自分に合った転職を成功させるためのコツとして、特に重要なものをまとめさせていただきました。なかなか転職活動に踏み出せなかった方も、決断するキッカケになったら幸いです。

繰り返しになりますが、「ビジネスにおける時間」はとても大切な時間だと言えます。ビジネスにおいては、今までどういった経験を積んできたかが非常に重要です。

自分自身が納得できるビジネスライフを送れるように、自分に合った転職活動をしていきましょう!