20代の転職先でおすすめの職種・業界とは?未経験でも転職しやすい職種も紹介

20代は今後のキャリアプランを考える上でターニングポイント。今後のことを見据え未経験職種への転職を希望する人もいるのではないでしょうか。しかし、20代で新しい業界や未経験職種への転職は可能なのでしょうか。実は、未経験だからこそ転職に有利な業界もあり、20代は未経験でも転職がしやすいといえるのです。

この記事では、20代が未経験でも転職できる理由と、未経験でも転職しやすい業界と職種についてご紹介いたします。

未経験でも転職できる理由

20代は、未経験の職種や業界でも比較的転職しやすいと言われています。昨今、企業では人手不足解消と将来を見込んだ人材の確保を目的とし、20代の若手を積極採用している傾向にあります。近年では、若手の人材不足が社会問題となっており、新卒採用に苦戦する企業も多いのです。そのため、新卒を定員数採用できなかった企業は、中途で若手人材の採用に力を入れています。また、20代での転職は、目立った実績もなく、会社で経験は浅いですが、ある程度のビジネスマナーが身についていること、新しい会社で馴染みやすいというメリットがあり、将来を見込んだ人材を募集している企業が増えてきているのです。

20代で転職先の業界・職種を選ぶポイント

転職をするからには、現状よりも良い環境を望むのではないでしょうか。しかし、転職先もしっかり見極めなければ、後悔する結果となってしまいます。転職を後悔しないためにも、転職先の業界や職種を決めるには、どのようなポイントに着眼すれば良いのでしょうか。

会社の規模や将来性

長期就業を求め、安定した企業を求めるなら会社の規模が大きく、中途入社者を教育する制度があり、余裕がある会社が良いでしょう。業績が良い会社であれば、将来的に成長する機会を幅広く得られる可能性があります。

労働環境がホワイト

転職を決意したきっかけが環境問題であるなら、次の会社では労働環境をみる必要があります。労働環境がホワイトで、働きやすい環境であるか確認をするようにしましょう。会社の状況を見定めるためには、離職率に注目すると良いでしょう。外からではわからない労働環境や働きやすさを判断する材料になります。

未経験職種に注目する

未経験者を歓迎している企業も多く、その場合転職がしやすい傾向にあります。しかし、未経験だからといって新卒と同じ立場出ないことを認識しておきましょう。一社会人としてその職種で自分に何ができるのか考え、30代以降のキャリアを視野に入れるようにしましょう。

20代の転職先でおすすめの業界

同じ業界での転職が有利だと考えらますが、業界未経験でも転職できる業界が増えてきています。その中でも、20代未経験で転職にオススメな業界をご紹介します。

IT業界

スマートフォンの普及、テレワークの促進や働き方改革などの取り組みなどにより、自動車や家電など生活にもIT技術が採用されてきており、IT産業は今後も発展していくことが予想されます。そのため、多忙である業界であるものの、人手不足があるケースが多い業界です。そのため、「ポテンシャル採用」を積極的に行っている傾向にあります。また、これからも需要が拡大する業界であるため、様々なチャレンジができることも期待できます。

物流業界

専門的な知識を要する業界ですが、未経験でも転職しやすくなっています。インターネット通販利用者の増加、それに伴うサービスの拡大により人手不足が影響しているためです。物流業界への需要はこれからも増加傾向にあると考えられ、将来性もあることからキャリアアップを狙える可能性もあります。

専門商社

商社と聞くと敷居が高いイメージを持ちますが、総合商社に比べ事業領域が狭い専門商社では、営業職をメインに未経験の募集も行っています。専門商社は、専門性が高い分野を取り扱うことから、取り扱っている産業が今後拡大していくのかを見極める必要があります。海外などで活躍するチャンスも見込めるため、キャリアアップを目指せる業界だと言えます。

製造業界

製造業界は職種によっては未経験でも転職しやすく、残業も少ないためライフワークバランスが取りやすい業界です。人手不足の問題はあるものの、IT技術の導入や、働き方改革の推進、新規事業への拡大など経営の多角化を行っている企業も増えています。働きやすい環境であるため、若い世代からも注目されている業界でもあります。

建設業界

職人たちの高齢化により人手不足が叫ばれている建設業界は、未経験でも転職しやすい業界です。そのため、将来を見越して後継者を育てるため、若い人材を募集している企業が増えてきているのです。また近年、日本の建設業もIoT化が進み、作業の効率化が進んできており、将来的にもIT技術によってサービスの拡大が期待できるため、キャリアアップも期待できます。

人材業界

人材業界では、取引先企業が幅広い業界であるため、未経験で転職しやすくなっており、未経験歓迎の求人も多く出ています。働き方の多様化や、HRテックの導入、テレワークの推進など、企業の人事業務に大きな変革がある昨今、実力主義や成果主義を重視する傾向が高まっており、転職市場も活性化してきています。人材業界は汎用性も高く、今後のキャリアアップを視野に入れた転職が可能になります。

未経験でも転職しやすい職種

20代で未経験でも転職しやすい職種は幅広くあります。その中でも、転職しやすい職種を
いくつかご紹介いたします。

営業職

未経験でも転職しやすいのが営業職。基本的なビジネスマナーやコミュニケーションスキルが重視される職種であるため、チャレンジのしやすさもあります。営業職といったら、ルート営業や新規開拓営業を思い浮かべるかもしれませんが、近年ではインサイドセールスなども注目を集めており、需要が広がってきています。

事務職

パソコンスキルがあれば未経験でも転職しやすい事務職。給与面は高いとは言えないものの、残業も少なくライフワークバランスが取りやすいため、プライベートも充実させたい人にはオススメの職種です。

ITエンジニア

ITエンジニアと言えば、技術者のイメージがあり、未経験では転職しにくいイメージがあるのではないでしょうか。しかし、最近ではコミュニケーションスキルも評価される傾向にあり、ポテンシャル採用を行っている企業も増えているのです。その理由としては、エンジニアの需要が高まったこと、エンジニアの人数が足りていない背景があります。未経験でのITエンジニアの転職はスキルアップのチャンスでもあるため、キャリアプランを見据えて行動を起こすようにしましょう。

コンサルタント

コンサルタントは未経験からの転職者が多く、20代の転職しやすい職種と言えます。コンサルタントは、ビジネス知識や交渉力、プレゼンテーションスキルなどが重要視されます。実力主義な環境であるため、高いスキルが身につきますが、ハードワークであるためライフワークバランスを重視する人には不向きな職種でもあります。

介護職

高齢化が進む近年では、介護職の人手不足が問題となっています。そのため、介護職では未経験を募集している企業が増えているのです。国家資格の介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得することで、活躍の幅も広がりスキルアップも可能になります。人の役に立つ仕事をしたい人には向いている職種といえるでしょう。

Webディレクター・プランナー

未経験でも積極的に募集しているWebディレクター・プランナー職種。ディレクション業務をメインであることから、コミュニケーションスキルが非常に重要視される職種です。幅広いWeb知識や管理能力、交渉力などのスキルアップにも繋がります。企業によってはハードワークになりやすい職種であるため、企業の労働環境もチェックするようにしましょう。

まとめ

20代での転職は今後のキャリアに大きく関わる選択です。そのため、もしチャレンジしたい業界や職種があったら、業界研究や業種研究を欠かさず行うようにしましょう。また、未経験歓迎の求人の有無などは、求人サイトでもわかりやすく記載してありますので参考にしてみてください。