リクルートエージェントでの面談の流れが分かる!転職を成功させる4つのポイント

「リクルートエージェントの面談では、どういったことを聞かれるのか?」ということを心配されている方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

リクルートエージェントとは、いわゆる転職エージェントのことです。転職エージェントとは、求職者の転職アドバイザーとして、転職における悩みや要望の相談に乗る仕事をしている人たちのことを言います。

転職エージェントには、「しつこい」「怖い」などのイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。しかし、そういった偏見にとらわれリクルートエージェントを使わないということは、非常にもったいないことです。

リクルートナビを活用すれば、転職活動がスムーズになるなどといったメリットを得ることができます。「リクルートエージェントとの面談は、いったいどういったものなのか?」ということを明確にしておけば、リクルートエージェントを積極的に活用していけるようになるでしょう。

ここでは、リクルートエージェントにおける面談の大まかな流れについてご紹介していきます。また、リクルートエージェントを活用した転職を成功させるためのポイントについても見ていきましょう。

リクルートエージェントにおける面談3つの流れ!

それでは早速、リクルートエージェントにおける面談の大まかな流れについていきます。リクルートエージェントの面談は、大きく分けて3つの流れに分けることが可能です。

リクルートエージェントにおける面談3つの流れについて見ていきましょう。

転職エージェントの利用を申し込みする

まずは、リクルートエージェントに利用を申し込みすることから始めます。申し込みフォームに「転職希望時期」「希望勤務先」「職種」「年収」などの自分自身の希望となる要項を入力し、申込みを完了させましょう。

申し込んだ内容はリクルートエージェントの元に届き、申込みから一週間程度で連絡が届きます。その間に、リクルートエージェントは保有している求人の中から、申込み内容にマッチしている求人を調べます。

キャリアアドバイザーとの面談

転職エージェントの利用を申し込みしてから、一週間程度でキャリアアドバイザーから電話やメールなどで面談が始まります。

「申し込みした内容の確認」「これまでのキャリア」「転職活動する理由」などを、面談にて聞かれるでしょう。自分の転職理由や希望をキャリアアドバイザーに共有してもらえるように、自分の考えていることを正直に伝えることが大切です。

転職活動をしていく上での方向性を、キャリアアドバイザーと共に明確化しておきましょう。

希望企業に応募する

キャリアアドバイザーとの面談にて、求職者の適性や希望を踏まえた上で、おすすめの求人を紹介してくれるでしょう。求職者が応募したいという求人の場合は、キャリアアドバイザーがその企業に求職者を推薦してくれます。

書類選考や面接を経て内定を得ることができれば、晴れて転職活動に幕を下ろすことができます。就職後の不安ごとなどもあれば、キャリアアドバイザーに相談しましょう。

リクルートエージェントは内定から入社まで、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

リクルートエージェントでの転職を成功させるための4つのポイント

リクルートエージェントにおける面談の、大まかな流れについて見てきました。リクルートエージェントとはどういったものなのかが、なんとなく分かってきたのではないでしょうか。

そんなリクルートエージェントを活用した転職を成功させるには、どういったことを意識すれば良いでしょうか?リクルートエージェントでの転職を成功させるためには、「事前準備を行う」「余裕を持って面談時間前に到着する」「転職活動に対して熱心だということをアピールする」「面談後はキャリアアドバイザーにお礼のメールを送る」という4つのポイントがあります。

リクルートエージェントでの転職を成功させるための、4つのポイントについて見ていきましょう。

事前準備を行う

まず、「事前準備を行う」というポイントから見ていきましょう。リクルートエージェントを活用した転職活動において、事前準備を行うということは非常に重要なことです。

事前準備には「面談に必要な持ち物を準備する」「履歴書や職務経歴書などをあらかじめ送付しておく」「転職先の希望条件などをあらかじめ伝えておく」などがあります。

面談において写真などが必要になることがあります。また、筆記用具などは必ず必要になりますので、忘れずに持っていきましょう。

また、履歴書キャリアシートなどを事前に送っておくことで、経歴を一から説明する必要がなくなります。そのため、スムーズに面談が進むようになるでしょう。

さらに転職先の希望条件をあらかじめしっかりと伝えておくことで、希望条件に合った求人を紹介してもらえることもあります。転職エージェントに直接その求人について説明を受けることができるので、求人内容を正しく受け取ることが可能です。

このような恩恵を得ることができるため、リクルートエージェントとの面談の事前準備はしっかりと行っていきましょう。

余裕を持って面談時間前に到着する

面談の何分前に面談場所に到着していればいいでしょうか?リクルートエージェントとの面談時間の5~10分前には、面談場所に到着しておきましょう。

面談場所は、主に社内の個室で行われることが多いようです。他にはカフェなどを利用する転職エージェントもあります。しかし、昨今はコロナ禍のため、「オンライン面談」が取り入れられているようです。

面談時間は大体60~90分間で行われます。時間に余裕が無い場合は、転職エージェントにあらかじめ伝えておき、面談時間を調整しておきましょう。

転職に熱心だということをアピール

転職エージェントを活用した転職活動においては、「転職に熱心だということを担当者にアピールすること」も大切です。明確な転職の目標があるわけでなく、「なんとなく面談を受けに来ました」というような態度で面談に望んでしまうことは避けましょう。

「転職活動に対してやる気がないんだな」というように思われてしまうと、リクルートエージェントの方もやる気を失せてしまいます。その結果、求人紹介などがおざなりにされてしまうこともあるでしょう。

キャリアアドバイザーも人ですので、私達の態度次第で対応も変わってくるということです。

キャリアアドバイザーにお礼のメールを送る

面談が終わったあとは、「キャリアアドバイザーにお礼のメールを送る」ということも大切なことです。お礼のメールをすることで、相手に好印象を与えることができます。

これからも転職活動においてお世話になる方ですから、相手との良好な関係を気づくということは必要不可欠であると言えます。さらに、求人情報も紹介されやすくなるため、転職活動もスムーズになるでしょう。

社会人としてのマナーとしても、担当の方にお礼メールをすることは大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか?「リクルートエージェントを今まで使ったことがなかった」というような方も、リクルートエージェントを活用していく上での流れを、きっと掴むことができたことでしょう。

リクルートエージェントでは多くの求人を取り扱っており、さまざまな求人を比較しながら転職活動をしていくことが可能です。さらに、エージェントの方は丁寧に対応してくれるため、転職活動をしていく上で良きパートナーとなってくれるでしょう。

昨今はコロナウイルス流行のため、リクルートエージェントとの直接の面談は避けたいと思います。その点において、オンライン面談を取り入れているリクルートエージェントは安心です。

転職を成功させたいという方は、リクルートエージェントの活用を一度ご検討されてみてはいかがでしょう。